#
配送料金
支払い方法
#
 

トップ > 吹奏楽 > 販売楽譜 > Under Pressure
吹奏楽 > 演奏会向け(ポップスステージ) > Under Pressure
吹奏楽 > 作編曲家別 > ま行 > 三浦秀秋 > Under Pressure

h2アイコンUnder Pressure

Under Pressure
販売価格(税込):8,800
ポイント176
商品コード:HCB-145
数量
買い物カゴに入れる

作曲: D.ボウイ
編曲:三浦秀秋
 


・内容:スコア・パート譜一式
・演奏時間:約4分4秒 
・発売日:2014年10月30日

編成


Piccolo
Flute 1,2 
Oboe
Bassoon

Eb Clarinet
Bb Clarinet 1,2,3
Eb Alto Clarinet
Bb Bass Clarinet

Eb Alto Saxophone 1,2
Bb Tenor Saxophone
Eb Baritone Saxophone

Bb Trumpet 1,2,3
F Horn 1,2,3,4
Trombone 1,2
Bass Trombone
Euphonium
Tuba

Electric Bass

Drums

Timpani
Percussion 1
(Tambourine / Triangle Bass Drum)

Percussion 2
(Suspended Cymbal / Bell Tree)

Percussion 3
(Vibraphone / Tubular Bells / Marimba)

Percussion 4
(Xylophone / Glockenspiel)
 

解説

 

本アレンジは、大きく2つの場面で構成されています。原曲のジャムセッション風の雰囲気のように、楽器のセクション、あるいはソロ楽器が散発的に出入りする前半部、そして[G]8小節目から徐々に始まり、[H]で決定的になる、Tuttiで一つの塊となって突き進む後半部です。

前半部は、表に出てくるセクションは、やはりしっかりと、場合によってはダイナミクスを一つ大きくして演奏するとよいでしょう。その分、伴奏は力まないよう軽やかに演奏して下さい。しかし、[A]のクラリネットセクションによるベルトーンのアタック、[B]1&5小節目1拍目のフォルテアクセントは、他よりもしっかり目に演奏した方がいいでしょう。また、[C][F]に関しては、少々ロック的な重さもあるとより良いです。
後半部に関しては、思うままに演奏してもらえればいいと思いますが、演奏に熱中して自分のセクションの役割(伴奏か、メロディか等)を見失わないようにしましょう。一番最後で前半部の雰囲気が再現されますが、ここでは[K]4&7小節目のメロディがとても大切です。該当のセクションは、しっかり吹くこともさることながら、アンサンブルがきっちり聞こえるよう、セクション練習をして下さい。(三浦 秀秋)