トップ > アンサンブル > 作編曲家別 > や行 > 山田武彦 > 【フルート六重奏&ピアノ】アンダンテとロンド 作品25
アンサンブル > フルート > ピアノ付き > 【フルート六重奏&ピアノ】アンダンテとロンド 作品25
アンサンブル > フルート > 六重奏 > 【フルート六重奏&ピアノ】アンダンテとロンド 作品25

h2アイコン【フルート六重奏&ピアノ】アンダンテとロンド 作品25

【フルート六重奏&ピアノ】アンダンテとロンド 作品25
販売価格(税込):6,600
ポイント132
商品コード:HCE-112
数量
買い物カゴに入れる

作曲: F.ドップラー
編曲:山田武彦
 


・発売日:2012年10月10日
・内容:スコア・パート譜一式

編成


2 Flutes
2 Alto Flutes
2 Bass Flutes
Piano
 

解説


アルバート・フランツ・ドップラー(1821〜1883)は「フルートのパガニーニ」と謳われるように、作曲家でかつ素晴らしいフルーティストであった。オーボエ奏者だった父ジョゼフから教えを受け、13才の時にウィーンでフルーティストとしてデビューを果たし、彼の兄弟で同じく優秀なフルーティスト・作曲家だったカールとともに世界各国へのコンサートツアーを行った。兄弟での沢山のコンサートツアーの間に、この「アンダンテとロンド」は完成した。

アンダンテの冒頭から、2本のフルートでつなぐ長いメロディは、豊富な和声で支えられた情感たっぷりのフレーズやドラマティックな場面が魅力的。

ロンドでは、ハンガリーのジプシーダンスでみられる動きあるリズムが特徴で、技巧的パッセージの応酬も楽しく、フルートのヴィルトゥオーゾの真骨頂を聞く事ができる。
(山田 武彦)