トップ > アンサンブル > 作編曲家別 > や行 > 山田耕筰 > 弦楽四重奏曲ト長調(第2番)
アンサンブル > 弦楽器 > 四重奏 > 弦楽四重奏曲ト長調(第2番)

h2アイコン弦楽四重奏曲ト長調(第2番)

弦楽四重奏曲ト長調(第2番)
販売価格(税込):1,760
ポイント35
商品コード:KYC-007
数量
買い物カゴに入れる

作曲:山田耕筰  


・内容:スコア・パート譜一式
・発行日:2012年11月23日

編成


Violin 1,2 / Viola / Violoncello
 

編成


山田耕筰はドイツ留学前の1908年に弦楽四重奏曲というタイトルで3曲の作品を手がけているが(他にも「メヌエット」と題された弦楽四重奏も同時期に 手がけている)、一応の完成を見たものはト長調で書かれた本作(第2番)のみで、単一楽章からなる本作も、続く楽章の作曲を放棄してしまった可能性を残している。

ハイドンやモーツァルト風の明快な書法で書かれており、山田らしさは未だ萌芽状態ではあるが、数年後に手がけることになる交響曲「かちどきと平和」に通じる世界を垣間見ることができる。

また、山田耕筰が、そして明治時代の日本が西欧音楽をどのように吸収しようとしていたのかを見るには絶好の作品であるとも言える。