トップ > 吹奏楽 > 販売楽譜 > スピラ・スペラ(長生淳 作曲)
吹奏楽 > コンクール自由曲向け(小・中編成) > スピラ・スペラ(長生淳 作曲)
吹奏楽 > バンド維新 > 2013 > スピラ・スペラ(長生淳 作曲)
吹奏楽 > 作編曲家別 > な行 > 長生淳 > スピラ・スペラ(長生淳 作曲)

h2アイコンスピラ・スペラ(長生淳 作曲)

スピラ・スペラ(長生淳 作曲)
販売価格(税込):11,000
ポイント220
商品コード:HCB-113
数量
買い物カゴに入れる

作曲:長生淳 


・内容:スコア・パート譜一式
・演奏時間:約7分45秒
・発売日:2013年3月9日

編成


Flute 1,2(Piccolo)
Oboe
Fagotto

B♭ Clarinet 1,2,3
B♭ Bass Clarinet

B♭ Soprano Saxophone
E♭ Alto Saxophone
B♭ Tenor Saxophone
E♭ Baritone Saxophone

B♭ Trumpet 1,2
F Horn 1,2
Trombone 1,2
Euphonium
Tuba

String Bass

Piano

Timpani
Percussion 1(Snare Drum / Suspended Cymbal / Whip)
Percussion 2(Vibraphone / Xylophone / Bass drum / Tam tam) 
 

解説


書き慣れない小編成で音楽が痩せてしまわぬよう、線で形作っていこう、というのがこの曲の出発点です。それぞれの楽器が旋律として重なっていくことで、音の厚み以上の発言力を持たせられるのでは、と期待して。そこから構想も線的なもの、変化はありつつも一貫した流れであるものへと傾いてゆき、たどりついたのは、植物の蔓が陽のあたるほうへ少しづつ伸びてゆく、伸びていって最後に光に届く、そんなイメージです。「パンドラの箱」の中に最後に残った希望のように。

「スピラ・スペラ」はラテン語で「息をなさい、希望をもちなさい」という意味です。オネゲルの『火刑台のジャンヌ・ダルク』というオラトリオの中で、ジャンヌが聞いた天の声としてとても美しく歌われています。その歌声とこの曲は似ても似つかぬものですが、「希望」の前にまず「生きぬく」というところは、結構この曲想に似つかわしいように思っています。  
(長生 淳)
 

収録CD


バンド維新2013
発売元:キングレコード
 

Overseas Shipping


Just click this banner and follow the simple instructions provided at the ‘site.