トップ > 吹奏楽 > 販売楽譜 > アンリ・シャランの主題による“ファンファーレ・フーガ・コラール”〜吹奏楽のための〜
吹奏楽 > バンド維新 > 2013 > アンリ・シャランの主題による“ファンファーレ・フーガ・コラール”〜吹奏楽のための〜
吹奏楽 > 作編曲家別 > あ行 > 尾高惇忠 > アンリ・シャランの主題による“ファンファーレ・フーガ・コラール”〜吹奏楽のための〜

h2アイコンアンリ・シャランの主題による“ファンファーレ・フーガ・コラール”〜吹奏楽のための〜

アンリ・シャランの主題による“ファンファーレ・フーガ・コラール”〜吹奏楽のための〜
販売価格(税込):11,000
ポイント220
商品コード:HCB-112
数量
買い物カゴに入れる

作曲:尾高惇忠 


・内容:スコア・パート譜一式
・演奏時間:約6分30秒
・発売日:2013年3月9日

編成


Flute 1,2

B♭ Clarinet 1,2,3
B♭ Bass Clarinet

E♭ Alto Saxophone 1,2
B♭ Tenor Saxophone
E♭ Baritone Saxophone

B♭ Trumpet 1,2
F Horn 1,2
Trombone 1,2
Euphonium
Tuba

String Bass

Timpani
Percussion 1(Snare Drum / Tubular bells)
Percussion 2(Suspended Cymbal) 
Percussion 3(Glockenspiel)
 

解説


だいぶ昔の話しになりますが僕は1966年藝大を卒業してパリ音楽院に留学しました。当時はシャランやデュリュフレなど和声法、対位法、所謂エクリチュールの素晴らしい先生方が沢山いらして、僕はデュルフレ先生のクラスで学びました。当時はそれほど熱心な良い生徒ではなかったのですが、それから50年近く経った昨今、その頃学んだエクリチュールの素晴らしさを再認識し、これを作品として生かしてみようと思い立ち書いたのがこの曲です。

具体的には、ファンファーレ・フーガ・コラールの三つの部分から構成されています。 又、教会旋法、いわゆるグレゴリアン旋法が用いられています。 吹奏楽の作品を書くのは私にとって初めてのことなので色々と迷いましたが、「吹奏楽、それは即ち管楽器の集合体、だとすればパイプオルガンとも共通する世界が有るのではでは・・。」といった発想からこの曲は生まれました。  
(尾高 惇忠)
 

収録CD


バンド維新2013
発売元:キングレコード
 

Overseas Shipping


Just click this banner and follow the simple instructions provided at the ‘site.