#
配送料金
支払い方法
#
 

トップ > 吹奏楽 > 販売楽譜 > 日本民謡によるラプソディー
吹奏楽 > 演奏会向け(ポップスステージ) > 日本民謡によるラプソディー
吹奏楽 > バンド維新 > 2013 > 日本民謡によるラプソディー
吹奏楽 > 作編曲家別 > た行 > たかしまあきひこ > 日本民謡によるラプソディー

h2アイコン日本民謡によるラプソディー

日本民謡によるラプソディー
販売価格(税込):11,000
ポイント220
商品コード:HCB-108
数量
買い物カゴに入れる

作曲:たかしまあきひこ 


・内容:スコア・パート譜一式
・演奏時間:約8分50秒
・発売日:2013年3月9日

編成


Piccolo(Flute)
Flute 1,2
Oboe

B♭ Clarinet 1,2,3
B♭ Bass Clarinet

E♭ Alto Saxophone 1,2
B♭ Tenor Saxophone
E♭ Baritone Saxophone

B♭ Trumpet 1,2
F Horn 1,2
Trombone 1,2
Euphonium
Tuba

String Bass

Timpani
Percussion 1(Claves / Agogo / Cabasa / Conga / Suspended Cymbal / Tom toms / Tambourine)
Percussion 2(Bongo / アタリ鉦(チャンチキ) / Gran Cassa / Triangle) 
Percussion 3(Xylophone / Glockenspiel / Snare Drum / Drums(option))
 

解説


ごく大雑把に言って、日本の民謡は、二つの代表的旋法(陽旋法・陰旋法)と、琉球旋法によってできています。このラプソディーは、これら旋法の扱い方の、ひとつの提案として書きました。「こんな風に仕上げてみました、いかかでしょうか?」そんな曲です。大きく分けて、三つの部分で構成されています。

序奏は、静かな朝靄の山中から「木曽節」が聞こえてくる、そんな雰囲気です。軽快なテンポになると、メドレー風に次々と民謡が出て、沖縄の「谷茶前節」で前半を締めています。中間部は、陰旋法の三つの子守歌に、自由声部を加えた四声を、対位法的手法でまとめています。後半の「金毘羅船々」は、この曲単独で、アンコールなどで演奏しても良いでしょう。中程からの、カノン扱いをさらに発展させて、「いちどまわれば」から導き出した動機を使い、フガートをスタートさせています。その動機を「こんぴらふねふね〜」の拡大テーマの対旋律として扱う、という構成になっています。 
(たかしま あきひこ)

 

収録CD


バンド維新2013
発売元:キングレコード
 

Overseas Shipping


Just click this banner and follow the simple instructions provided at the ‘site.