#
配送料金
支払い方法
#
 

トップ > 吹奏楽 > 販売楽譜 > ウィンド・アンサンブルのためのソングズ
吹奏楽 > コンクール自由曲向け(小・中編成) > ウィンド・アンサンブルのためのソングズ
吹奏楽 > バンド維新 > 2010 > ウィンド・アンサンブルのためのソングズ
吹奏楽 > 作編曲家別 > か行 > 後藤洋 > ウィンド・アンサンブルのためのソングズ

h2アイコンウィンド・アンサンブルのためのソングズ

ウィンド・アンサンブルのためのソングズ
販売価格(税込):11,000
ポイント220
商品コード:HCB-047
数量
買い物カゴに入れる

作曲:後藤洋  


・内容:スコア・パート譜一式
・演奏時間:約7分10秒

2011年 ABA スーザ/オストワルド賞受賞作品

編成


Flute 1,2(Picc.)
Oboe(opt.)
Bassoon (opt.)

B♭ Clarinet 1,2,3,4
B♭ Bass Clarinet

E♭ Alto Saxophone
B♭ Tenor Saxophone
E♭ Baritone Saxophone

B♭ Trumpet 1,2
F Horn 1,2
Trombone 1,2
Euphonium
Tuba
String Bass(opt.)

Percussion (S.D. / Sus.Cym. / Splash Cym. / H.H.Cym. / Glock. / Vib. / Xylo.)
 

解説


さまざまな方向からさまざまな異なった音楽が聴こえてくる、そんな音楽体験を目指した曲を、ここ数年書き続けています。『バンド維新』のために書き下ろしたこの《ソングズ》もそのような作品のひとつで、バンドのメンバーひとりひとりがソリストとなって、シンプルな旋律を(あるいはその断片を)自由に奏で、それらが立体的に重なり合うことをコンセプトとしています。

これは奏者の個性を全体に埋没させて「ずれないように、はみ出さないように」合奏することを尊重しがちな、日本のアマチュア吹奏楽へのささやかな問題提起でもあります(もちろん、全員が終始ばらばらに 演奏するわけではなく、一緒になる場面もたくさんあるのですが)。さまざまな「ソング」は、実際には静と動の2種類。いずれも冒頭のクラリネットの旋律を 母体としています。これらの「ソング」が時に対比され、また時には重なり合いますが、最後まで完全に調和することはありません。

「ひとりひとりがソリスト」ですから、ひとつのパートをひとりずつ、合計24人で演奏されることを想定しています。バンドの事情により、指揮者の判断でメンバーを増員してもかまいませんが、各自が自由に演奏する部分がほとんどのパートにあるため、そのまま完全に音を重ねることは難しいでしょう。オプショナルのオーボエ、バスーン、ダブルベースを除けば、省略してよいパートもありません。この録音では、楽譜上の指示に従い、オプショナル・パートを他の楽器で代替しています。

奏者の自発性を要求し、また一部に特殊な記譜法が用いられているものの、技術的には、中学生、高校生にも容易に演奏できるレベルです。
 

視聴


ウィンド・アンサンブルのためのソングズ(YouTube)
 

収録CD


バンド維新2010
発売元:キングレコード
 

Overseas Shipping


Just click this banner and follow the simple instructions provided at the ‘site.